積丹

大自然がそのままに残る北海道積丹の魅力とは

北海道といえば国内でも有名な観光地であり、また美しい大自然がそのままに残る場所が多く、普段見る事の出来ない雄大な景色を見ることができる絶好の地です。

その北海道の積丹町は北海道西海岸中央部、北西に付きだしている積丹半島の頭部に当る場所にあります。
この地は開拓の歴史が古く、明治から昭和にかけてはたくさんのニシンがとれる漁場として栄えました。

特に明治から昭和初期年代はニシンの漁獲量も非常に高く、当時利用されていた番屋、トンネルなどが今も残されています。

また北海道といえば雲丹、サケ、タラなどが有名ですが、中でも雲丹は積丹の名物とされていて、非常に新鮮で質の高い最高の雲丹を堪能できる町としても知名度が高いです。
そんな積丹には大自然を謳歌できるスポットがたくさんあります。

黄金岬と神威岬は青く澄んだ日本海の絶景がみられる

積丹の三国エリアにある黄金裂きは、美国港から海に突き出たようなイメージです。
黄金岬には遊歩道が整備されているので、美しく青く澄んだ日本海と地球の荒々しさを感じる断崖絶壁を歩くことができます。

北海道積丹郡積丹町美国にある黄金岬には、余市駅からバスで45分程度、そこから徒歩5分くらいで到着します。

神威岬にはその先端まで駐車場から770m位で到着します。
日本海の大海原にせり出した大迫力の神威岬の遊歩道、チャレンカの小道を20分ほど歩くと、周囲300度、丸みを感じる水平線を眺めることができます。

ここにはゲートがあり時期によって背景時間が変わるので行く前に開閉時間を確認していく方がいいと思います。
北海道積丹郡積丹町神岬にあり、余市駅からバスで90分ほどです。

絶景が飛び込んでくる!島武意トンネルと島武意海岸

トンネルといっても車で通るトンネルではなく人二人が並んで歩けるくらいのトンネルが島武意トンネルです。
このトンネルを抜けると一気に絶景が広がります。

ここから見る事の出来る海はシャコタンブルーといわれる美しい海です。
太平洋とは違う海の色を堪能できるこの場所、暗いトンネルを歩いてくることでまたその美しさをより一層感じることができるのです。

島武意海岸は日本渚百選に選ばれている美しい海岸で、切り立った大きな巨岩、透明度の高い海と、感動の景色を堪能できます。
北海道積丹郡積丹町入舸、余市駅からバスで75分、そこから徒歩10分程度でこの絶景を眺めることができます。

積丹にはその他にも見所満載

黄金岬の先にある美国のシンボルともいわれる宝島は、その名の通り大きな富をもたらすニシンの大群が押し寄せる、まさしく宝の山でした。
近くにある小さい島はゴメとよばれるカモメが羽を休めている姿によく似ているということから「ゴメ島」といわれています。

美国漁港や美国神社など、いずれも海と関係の深いスポットが多数ある積丹は海の幸も楽しめる最高の街です。