鋸山 日本寺

古き伝統と格式をもった鋸山 日本寺の由緒

千葉県安房郡鋸南町鋸山にある鋸山 日本寺は、今から1300年ほど前に、聖武天皇詔勅と公明皇后の御言葉を受け、行基菩薩により神亀2年に開山された長き歴史を持つお寺さんです。

当初は法相宗でさらに天台宗から真言宗を経て、徳川三代将軍家光公の時代に、曹洞禅宗となりました。
開山当時には七堂十二院百坊を完備するという日本国内でも有数の規模を誇っていました。

空海や慈覚などの名僧が留錫(僧侶が行脚中に暫く他の寺院に滞在することをいう)したことが記録に残されています。
留錫した良弁は木彫りの大黒尊天を掘り、空海(弘法大師)においては、100日の間護摩を焚き、石増の大黒尊天をほられたといいます。

鋸山を愛した文人たちも多かった

日本寺のある鋸山は、多くの文人たちもあしげく通った場所で、多くの詩歌が遺されていることでも有名です。
鋸山 日本寺には境内に長谷川馬光、小林一茶等の文人画句碑を建立されています。

夏目漱石も有名な文人ですが、鋸山 日本寺を訪れた際の様子を本に残しており、木屑録にその当時の事がかかれていることも知られています。

夏目漱石と交流が深かったといわれる正岡子規は夏目漱石とは違う逆ルートで鋸山に登り、この旅について正岡子規も、かくれみのという本に記しています。

御本尊 薬師瑠璃光如来と武将の話

この鋸山 日本寺の御本尊は薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)です。
病苦、医薬の仏様と呼ばれており、瑠璃光で民衆を病苦から救ったとされています。

病苦、九役の仏様ということで、戦場の傷を癒しに多くの武将が訪れたという記録も鋸山 日本寺に残されています。
例えば源頼朝は石橋山の戦いに敗れ、房州に逃れる際、再起を図る武運を鋸山 日本寺でご祈願し、蘇鉄を頼朝自ら植えたとされ、この大蘇鉄は今も境内に残っています。

頼朝はこの後、鎌倉幕府を開きますが荒廃していた鋸山 日本寺を全山修工し、養和元年、薬師本殿を再建されたといわれています。

鎌倉幕府後期より南北朝自体には戦火が続き荒廃してしまいますが、その後、足利尊氏によって復興されました。

鋸山 日本寺に行くなら三兆エリアを見のがすな

静寂な中にも静かな迫力を感じる鋸山 日本寺ですが、山頂エリアには絶景が多数あります。
山頂の展望台にある「地獄のぞき」へ行くと、東京湾から房総半島、遠く富士山を望むことができる絶景スポットです。

かつて石切り場だった場所に彫刻されている百尺観音は、世界戦争戦死病殉難者供養、また交通犠牲者供養のために発癌されて作られたものです。
ここは、航空、航海、陸上と、交通の安全を守る御本尊としてしられているところです。

鋸山 日本寺に向かうアクセスですが、電車の場合はJR東京駅から内房線浜金谷駅、また保田駅下車、ロープウェイを利用する場合には、浜金駅を下車します。

表参道から登る時には、保田駅から遊歩道を利用します。
車でお越しの方は東京から川崎、木更津から鋸南保田に向かいます。