神の子池

神の子と呼ばれる美しい湖、摩周湖にある神の子池

摩周湖には美しいスポットがいくつもあるのですが、摩周湖に行くなら見ておくべき場所として、紙の小池があります。
この池は摩周湖の地下水がわき出て作られた池で、山の奥にあります。

摩周湖はカムイト、神の湖として古くから地域の方々に大切にされてきたのですが、この伏流水から形成されているという言い伝えがあり、神の子池と呼ばれます。

摩周湖は他の池と全くところがある

摩周湖は他の湖と大きく違う面を持っています。
それは、湖に流れ込む川もなければ、流れていく川もない、つまり水が入ってくる場所、出ていく場所が存在していないのです。

しかし摩周湖は春先、雪解け水が流れ込む時期になっても水位が上がる事もなく、その他の季節に水位が下がるということもありません。
これは摩周湖周辺の神の子池等に、伏流水を湧き出させているためです。

神の小池の伏流水は、なんと1日1万2千トンといわれるほど豊富です。
周囲220mで水深5mという神の子池は、ビックリするくらいに澄み渡り美しく輝いています。
透明度が本当に高いので、池の底に倒れた木々が神秘的な風景を作り出しています。

朽ち果てた木が倒れて神の子池に落ちて行っても、その後、腐ることなく化石のように沈みます。
水温が低く年間を通じて8℃程度ということなので朽ち果てることなく、他に見る事が出来ない風景を作り出しています。

倒木が朽ち果てることなく横たわる美しい湖の中、木々の間を縫うように泳ぐ赤色斑点のオショロコマとのコントラストが何とも言えない不思議な水中を見せてくれます。

青く清い神の子池はガイドブックにもあまり乗っていない

北海道の観光地、美しい絶景を見ることができるスポットなどに行っても、シーズン中は多くの観光客がなだれ込み、とても景色を見るどころではないという場合もあります。

北海道は外国人観光客も非常に多いので、中にはマナーを守らずゴミを捨てるなどの方も見受けられます。

自然を壊さないようにしなければ、この美しい景色を見る事が出来なくなってしまうかもしれないのに・・と残念な気持ちになりますが、神の子池は、まだガイドブックにもそれほど乗っておらず、山の奥の方にあるので、観光地化されていません。

この先、神の子池もこのあまりにも美しい神秘的な湖だからこそ、健康客が多くなる可能性がありますが、汚さない、触らない、自然を守るという事を念頭に見てほしいと感じます。

北海道斜里郡清里町にあります。
清里町市街から道道摩周湖シャリ線、中標津方面に向かい25kmくらいからハトイ林道へ右折、そこから2kmほど林道を進むと林道入り口付近に神の小池という看板があります。

林道ということで国道、県道ほど整備されておらず、路肩が崩れやすい場所です。
車で通行する場合、徐行必須です。