首都圏外外郭放水路

首都圏外外郭放水路、みなさんご存知でしょうか

埼玉県の地下に流れる河川、首都圏外外郭放水路があるという事をみなさんご存知でしょうか。
国道16号の地下、約50mに建設された6.3キロという地下放水路を、首都圏外外郭放水路といいます。

埼玉県の東部に作られた世界最大級の地下河川で、各河川から水を取り入れる役割を持っている流入施設と、貯水、流下するための地下水路、さらに地下水路から水を排出するための排水機場という構成です。

なぜこの首都圏外外郭放水路が作られたのか?というと、中川、倉松川、大落古利根川などが洪水になった時、この水を江戸川に放流する目的です。
各河川を地下で結ぶ放水路にすることで、浸水被害を最小限にする、また食い止め安全に暮らせる生活環境をめざし作られました。

どこにどんな機構の首都圏外外郭放水路があるのか

対象となる地区は江戸川、中川、大落古利根川に挟まれた低平地で、場所は埼玉県春日部市上金崎地先から小渕地先、園長6.3キロに及ぶ地域に存在しています。

雨が降り出し小さい川からの水が流入呂から首都圏外外郭放水路の立坑に流れ込みます。
それぞれの立坑に雨水がたまると地下トンネルを伝い水が流れ出します。
排水機場にはポンプがあり、そのポンプが稼働することによって江戸川に余剰となった川の水が排水されるという仕組みです。

首都圏は水に弱い

最近はゲリラ豪雨などで各地に大きな被害が及んでいます。
水は人の力でどうすることもできず、道路、建物も浸水させ、都市部では地下鉄などもありますので、一度浸水が始まるととてつもなく大きな被害が出ることもわかります。

首都圏に大きな雨が降ったら?この非常に大きなリスクを軽減するために作られたのが首都圏外外郭放水路です。

平成18年6月に完成しましたが、平成14年から部分的に稼働しており、1年間に平均7回という洪水リスクを安全に処理し、住宅地などへの浸水被害を軽減してきました。
気が付いていなかった、こうした計画や実施がある事も知らなかったのですが、実はずっと以前から洪水の大きな被害への改善、軽減が考えられ実行されていたのです。

世界最大級の地下放水路はものすごいスケール

ギネス級といわれるこの首都圏外外郭放水路は、水を取り込む直径30m、深さ70mという5本の巨大立坑、地中深く6.3キロを走る直系10mの地底トンネル、重量500ttiou大きな柱が59本で支えるマンモス水槽、これをしっかり排水するための14000馬力というタービン、まさしくギネス級のスケールを持った首都圏外外郭放水路です。

こんな施設が埼玉県にあるなんて・・・これをみたいという方も多いと思います。
首都圏外外郭放水路の壮大さを肌で感じてほしいと、地域の方々にこの「地下神殿」ともいえる巨大調圧水槽を見学してもらう見学会があります。

この見学会を通じて防災への意識も高めてほしいという願いが込められています。
故人見学も可能ですし、団体見学も可能です。
首都圏外外郭放水路見学会受付は庄和排水機場内、龍Q館2Fにあります。

龍Q館は埼玉県春日部市上金崎にあります。
車でお越しの方は圏央道幸手IC、五霞ICから薬30分程度、東北自動車道なら岩槻ICから国道16号を野田方面に30分程度、常磐自動車道の場合柏ICから国道16号、野田方面に40分程度です。