足尾銅山

日本一の鉱都と呼ばれた足尾銅山の歴史

栃木県上都賀郡足尾町に残る鉱山跡地、足尾銅山は国の史跡にも指定されています。
子の鉱山では、明治期、亜ヒ酸も産出されており、精錬の副産物として硫酸も産出していました。

発見は1550年とされているのですが、はっきりと発見が伝えられているのは1610年の出来事のようです。

百姓二人が鉱床を発見、これが幕府管轄の鉱山として採掘が開始されることにつながり、足尾に鋳銭座を設けました。
鉱山は産出量が多く大いに栄え、足尾の街は当時、足尾千軒といわれるほどの発展をみたそうです。

この当時は寛永通宝が利用されていましたが、この足尾銅山でも鋳造されたことがあるといいます。
ピーク時といわれる江戸時代には、なんと年間1200トンもの銅を算出しましたが、後に採掘量が極度に減少していき、幕末から明治にかけて閉山状態となります。

一度閉山状態となっていましたが、明治10年になり古河市兵衛がこの経営に着手し、その後、明治14年になって有望な鉱脈を発見、炭鉱技術も飛躍的に進歩し次々に有望鉱脈が見つかりました。

古河氏が亡くなり、明治38年会社としての経営に移ります。
この当時明治政府は布告強制政策を実施しており、それを背景に急速に発展します。
20世紀に入ると日本銅山の4割を占める生産があったといわれていますのでものすごい寮を採掘していたとわかります。

その後、1890年あたりから土壌、水質汚染問題などが表面化し1973年には採鉱を停止、閉山となりました。

足尾銅山の坑内は刊行できるようになっている

現在、この足尾銅山は坑内を見学できるようになっています。
400年という歴史を誇る日本一の鉱都とわれた足尾銅山を見に行き、その昔日本を支えてきた鉱山跡地を知るということもいい勉強です。

閉山後、坑内の一部のみですが解放され、とこっろ電車に乗って全長700mを見学できます。
この当時、鉱石の採掘は非常に過酷な作業で、つらく厳しい状況で働く人たちの状況が、リアルな人形によって再現されています。

当時、子の鉱山で働いた人たちが手作業で採掘している様がよくわかり、過酷な仕事だったことが、人形からしっかり伝わってきます。

また鉱石が銅になっていく課程を展示している銅資料館を含み3つの資料館の展示物を見学することもでき、日本が近代化していく時代をしっかりと支えてきたことが、貴重な資料からわかります。

近くには渡良瀬川があり夏場などは水辺で遊ぶこともできますし、この足尾銅山の敷地内にレストハウス等もあるのでご家族で訪れてみるのもいいでしょう。

栃木県日光市足尾町通洞にある足尾銅山には、JR日光駅か東武日光駅から市営バスに乗って53分くらいで到着します。
無休なのでこの辺りに行く際、立ち寄って鉱山の歴史を勉強してみるのもいいと思います。