うどん

うどんは色々な物に利用できる万能な麺です

全国各地、うどんは日本で愛され続けている麺です。
かつおだしのおつゆで頂くうどんもいいですし、天ぷらを乗せていただいてもおいしい、さらにカレー味で楽しんだり、焼いて焼うどんにしてもいい、焼うどんはソースでも醤油でもおいしいし、最近はサラダうどんなどが若い世代に人気です。

うどんというと讃岐うどんが思い浮かびます。
こしが強くてつるっとしたのどごし、そのまま生醤油で卵を付けていただくとうどんそのものの味が楽しめておいしいです。
こしの強いうどんである讃岐うどんも魅力的ですが、九州地方で食べるくたくたに煮た柔らかいうどんもまたおつゆがしみて本当においしいものです。
うどんは日本になくてはならないものですが、近ごろは世界にも進出し、海外でもうどんは高く評価され、うどんを提供するお店は人気店となっているのです。

うどんの歴史

うどんは奈良時代に中国から伝来したもので、こんとんというものだったといわれています。
こんとんというのは、小麦粉を利用したもので団子のようなものにあんが入っているものでした。
そのこんとんをやがて温かいおつゆに入れていただくようになり、温飩「おんとん」と呼ばれるようになり、それが次第にうどんと呼ばれるようになったというわけです。

讃岐地方には現在でもお雑煮が甘い汁で餡入りの団子のようなものを入れて食べるという地域があります。
甘いお雑煮なんてちょっとびっくりですが、元をたどればこんとんというあん入りのモノだったのですから、こういう風に進化したものが残っていることも納得できるのです。

弘法大師とゆかりがある?

讃岐地方は空海・弘法大師のふるさとであり、この弘法大師とうどんについてもつながりのある話が伝わっています。
遣唐使と共に中国にわたった弘法大師は中国よりうどんの技術を持ち帰り、故郷、讃岐地方に暮らす貧しい人たちに伝え救ったという言い伝えが残っているのです。
この伝来に関しての説はいずれが正しいのかわかりませんが、いずれについても讃岐地方が関わっているので、伝来した場所、うどんが全国に広まっていった最初の地点は讃岐という事に間違いはなさそうです。

関東のつゆと関西のつゆ

関西の方が関東のうどんを見ると、こんなに真黒なつゆのうどんなんて食べられないといいますし、関東の方が関西のうどんをみれば、こんなに薄くて味のないうどんなんて食べられないと言います。
関西はお出汁の文化があり、出汁の風味を強く出したおつゆです。
何に関しても薄味と感じるのは、出汁の風味を聞かせていただく繊細な味だからでしょう。
関東はもともと濃口醤油の文化で色々な具材も脂の多いものが多いので、醤油の味を利かせたものが多いといわれます。

いずれのうどんのおつゆもおいしいのですが、見た目に全く違うので最初から無理!と感じる方も多いのです。
うどんはその地域によっておつゆにしても具材にしても大きく変わります。
各地のうどんを楽しむとその地域の名産や食べつけているものなどがわかり楽しいものです。