寿司

MOK_susiikura500-thumb-500x750-1104

元来は保存食としての料理

寿司というのは酢飯の上にさまざまな具材をのせて握ったもののことです。
また、他にもちらし寿司や巻きずし、押しずしといった種類があります。
昔は、基本的にお祝いのための高級料理という位置づけだったのですが、現在では手頃な価格で食べられる回転寿司が登場しているため、より庶民の食べ物となっています。

寿司は日本だけではなく海外でも人気があるのが特徴的です。
海外に寿司店が営業していることは珍しくありません。
日本に来たことがなくても、寿司を食べたことがあるという方は多いです。

寿司の語源は酢飯からきています。
すめしのめがいつのまにかとれてしまい、寿司となったのです。
寿司という漢字には鮨や鮓などさまざまなものがありますが、基本的にどれも当て字です。

寿司は東南アジアで紀元前4世紀頃に誕生したとされています。
それが平安時代の頃に日本に伝えられるようになりました。
この頃の寿司は米を甘酢で味付して、その上に開いた魚をのせて一晩寝かせて食べるものでした。

当時は冷凍技術がなかったために、主に保存食として寿司は食べられていました。
現在でも、鮒寿司や鯖のい寿司、ハタハタの漬け込みずしのように当時と同じような食べ方がされているケースがあります。
にぎり寿司が登場したのは19世紀の初め頃とされており、意外と最近のことです。

屋台でにぎり寿司が提供するお店が登場して、それが大流行するようになりました。
主に江戸前の魚を用いていたことから、江戸前寿司と呼ばれていました。
この当時はテニスボールぐらいの大きさのにぎり寿司だったとされています。

その後、関東大震災のせいで寿司職人が故郷に帰ったことから、全国ににぎり寿司が広まりました。
寿司にはシャリやガリ、アガリ、ムラサキ、ナミダといった専門用語があるため覚えておきましょう。

寿司の魅力とは

寿司の魅力とは一体何でしょうか。
それは、魚介類とごはんを組み合わせたものであり、そのハーモニーが抜群だということです。
寿司ほど魚介類を美味しく食べられる料理はないでしょう。

魚介類と酢飯にさらに醤油やわさびを合わせることによって、たまらない味となります。
そのため、寿司が好きな方はどんどん食べていってしまいます。
寿司には色々な食材が用いられており、それぞれ季節の旬な魚が提供されることが多いです。

日本にはどのような魚が豊富に獲れるのかということをよく理解できるようになるでしょう。
基本的には食べたいものからどんどん順番に注文することができます。
そのため、自分の好きなネタばかりを食べる方もいます。

寿司は日本独自に発展してきたものだということを理解しましょう。
特ににぎり寿司に関しては歴史が浅く今でも発展途上にあるといえます。
これからも日本では美味しい寿司を食べ続けることができるでしょう。