蕎麦

香よくのど越しのいいお蕎麦

お蕎麦は香りもよくのど越しもするりとよくて、日本人誰もが好きな麺類といっていいでしょう。
温かいおつゆで頂くお蕎麦もおいしいのですが、夏場、冷たいざるそばを頂くのも最高です。
天ぷら、かき揚げもおいしいですし、とろろをかけてもおいしい、またお蕎麦をあげていただくのもおいしいです。

蕎麦は全国各地にあり、蕎麦が名物という所も各地にあります。
それぞれ独自の食べ方があり、その地域独自の味に仕上がっているので、各地で頂くお蕎麦も旅の楽しみになります。
身近にある蕎麦は日本人の食生活の中になくてはならないものとして定着していますし、現在、海外にも進出し、ヘルシーフードとして人気があります。

蕎麦の歴史は長い

蕎麦の歴史は臂臑に古く縄文時代にまでさかのぼります。
高知県内では9000年も前の遺跡から蕎麦の花粉が見つかっているということで、当時から蕎麦の栽培が行われていたことがわかります。
埼玉でも3000年前に出来たとされている遺跡から蕎麦の種子が発見されており、各地で古くから蕎麦の栽培が行われていたという事がわかるのです。

文献上では797年、続日本記という史書に夏の雨が少なく稲の実りがない時、稲や小麦よりも栽培できた蕎麦栽培が推奨されるという記述があります。
蕎麦は日照りにも強く冷涼であっても育ち、栽培する土地を選ばないという事で凶作でも収穫が見込めるとされているのです。

これほど古い時代に、蕎麦が強く収穫しやすいものであることを理解するほどに、栽培されていたという事になります。
蕎麦は本当に古くから日本の食を支えてきたのです。

蕎麦は細長いものばかりではない

蕎麦は古い時代、今のように細長い麺ではなく、そばがきと呼ばれるものやそば餅など、そば粉を餅などのように利用して食べていました。
麺という形状になったのは明治中期、そば切り地王ものが長野県の塩尻辺りで誕生し、広がったということが伝えられています。

縄文時代という古い時代から食べられてきた蕎麦は、江戸時代になってそば切りという形になり、そば粉につなぎとなる小麦粉を混ぜるなどの製法が誕生して行ったのです。
現在は、「十割そば」という名称で呼ばれるそば粉のみを利用して作られた蕎麦、さらに小麦粉2にそば粉8という割合の二八そば、さらに三七、半々という蕎麦もあります。
蕎麦が様々に研究され、その土地の人たちがおいしいと感じるように少しずつ改良されていき、土地ごとの味として今に残っているのです。

古くから親しまれてきた蕎麦は現在も、家庭でまた外食で楽しまれています。
時間がない時でもサッと食べることが出来て、色々な具材とも相性がいい蕎麦は、これから先も日本になくてはならない麺類として、愛され続けていくのでしょう。