浴衣

気軽に着られる素敵なゆかた

ゆかたは若い方も気軽に着用できる和服として人気があります。
一時期、あまりゆかたを着ている若い女性を見かけるという事もなくなっていたのですが、最近は夏の花火大会、お祭り、また縁日などの際、若い女性が思い思いにゆかたを楽しみ、見る機会も非常に多くなっています。
現代風のヘアスタイルにゆかたを個性的に着こなし、足元はサンダルという方もいて、ゆかたの着方ではなくても、上手におしゃれに着こなしている姿を見ると、ゆかたは夏のおしゃれとして定番になりつつあると感じます。

元々、ゆかたは貴人が沐浴される際に着用していた麻の単衣で、湯帷子という言葉の略称です。
その後、室町時代末期位から盆踊りなどが流行し、その際、民間でもおそろいの浴衣に身を包み盆踊りを踊るなどするようになり、庶民の着物として広まりました。
すでに元禄時代には温泉場でゆかたが着用されていたといいますので、非常に歴史の長いものなのです。

湯上りにさらりと着られる涼しいゆかた

ゆかたは綿でできているものが多いので、湯がありに最高です。
汗を吸い取ってくれるのでこなれたものほど肌触りがよく、寝間着として気持ちがいいです。
もちろん、暑い夏の日、涼しげなゆかたは見る方としてもさわやかですし、盆踊りなどに行く際に浴衣を着ると日本の情緒を感じます。

ゆかたは日常的に着用するものです。
着古したものほど肌触りがよくなるので、着古したものを赤ちゃんのおむつとして仕立てて利用する事が多いです。
着物は着古したものでも残っていることが多いのですが、ゆかたはこの様に赤ちゃんのおむつにしてその後捨ててしまうものが多いのでほとんどなくなっています。
現存するものが少ないので、古いゆかたの模様など、どのようなものが流行っていたのか、文献や当時の風刺画などを見るしかないのですが、きっと素敵な模様が多かったでしょう。

浴衣の普及は銭湯の普及と共に

平安時代、貴族階級、貴人は蒸し風呂に入る習慣がありました。
この蒸し風呂に入る際、湯帷子という着物を着て入っていたのです。
これがのちにゆかたと呼ばれるようになるのですが、湯帷子というのは麻の着物で、高級品と呼ばれた絹よりも、薄く装束の下着となるもので、これを着用して蒸し風呂に入っていたのです。

その後、江戸時代になって綿の生産量が多くなったことで綿を庶民も着用するようになり、湯帷子も麻から綿に変わり、さらに銭湯が広く普及したこともあり、庶民も銭湯に通う習慣が出来たのです。
庶民が先頭に通うようになり、ゆかたは一気に広まり、現在では風呂上りにもまた外出する際にも夏に着用する着物として定着したのです。
若い世代が積極的にゆかたを着るようになり、最近は現代風にアレンジしたゆかたも多くなっています。