訪問着

社交着として利用できる訪問着

訪問着は社交着として利用できる着物です。
色留袖の次に位置する着物で、結婚披露宴へのお呼ばれ、クラス会や食事会など、改まったお席に着ていって恥ずかしくない着物です。

訪問着は格式高い柄行のものもありますし、おしゃれ着として活用できるものもあり、幅広い用途で社交着として利用できる便利な着物です。
訪問着を持っていればお呼ばれの席でも恥ずかしい事がありません。
TPOに応じてしっかりと着用する事が求められますが、持っていれば活用範囲の広い着物です。

絵羽模様という特徴

着物の形に仕立てられて販売されているのが訪問着です。
付け下げと訪問着の違いがわからないという方も多いのですが、付け下げは反物で販売されていて、それを仕立て着用します。
訪問着は着物の形の仮仕立ての状態で販売されており、購入されて自分の寸法にお直しして着用するという形になります。

絵羽模様は仮絵羽と呼ばれる白生地のきものを仮仕立てし、そこに着物の模様をえがきます。
まず仮仕立てで下絵を付けてから反物にいったん戻し、つけた下絵に沿って友禅、蝋染めなどの技法によって染めていきます。
こうして作る事によって、裾全体、袖から身頃にかけて、さらに衿から肩にかけて模様が縫い目に沿って描かれた着物となるわけです。
非常に豪華に見える染めつけが訪問着の特徴です。

染め上ったら再度仮絵羽の形にして、仮仕立ての状態でお店に置き販売します。
訪問着の八掛については表地と同じ生地を利用する共八掛となっている着物がほとんどです。

訪問着と留袖、付け下げの違い

訪問着は裾全体、袖から身頃、衿から肩に絵柄が繋がっています。
店頭で販売される際には仮絵羽、仮仕立ての状態で販売されます。

留袖は裾のみ模様が入っているという事が特徴で、腰から上に模様が入っていません。
訪問着との見分けは簡単です。
販売は仮仕立ての状態です。

付け下げは通常、反物で販売されていますので店頭では見分けが付きやすいのですが、着物の形になっていると見分けがつきにくいといわれます。
しかし、付け下げは反物の状態で染めつけられているので、通常、袖から肩にかけての柄が繋がっていないという特徴があります。

紋をつけることで格式ある場所に着る準礼装になる

訪問着でもフォーマル向けの物は、結婚披露宴などに着ていくことができる着物ですが、紋を一つ付けることでさらに格を感じさせる着物となります。
少し気軽なパーティの場合は紋を付けず、結婚披露宴などの格式高い場所への出席の際には紋がある方がふさわしいでしょう。

訪問着は柄付けによっても格の違いが出るので使い分けしやすい着物です。
大人しいイメージの柄行、またおしゃれな感覚のものもありますので、場所に合わせて利用すると素敵に着こなせます。