留袖

留袖は格式の高い着物

振袖の袖を落とし短くした着物を留袖といいます。
結婚されている女性が着用する着物の中では最も格の高い着物で、身内の結婚式などで着用する黒の留袖を黒留袖といい、色で染めてある留袖を色留袖といいます。
振袖は既婚女性が着るものと認識されている方が多いのですが、色留袖は未婚の方でも着用できる着物です。

留袖は左右の裾だけに模様を施してあるということが大きな特徴で、袖が振袖のように長くない着物です。
振袖は未婚女性が愛情表現をする着物として知られていますが、結婚された女性は異性に対し、愛を表現する必要がなくなるということから、袖を留めるという意味合いを持っています。
振袖は成人式に着用する事が多いので、娘から女性になる時に着用する事が多い着物、さらに女性が結婚されて妻という立場になる際には、振袖から留袖になるというように、一人の女性が成長していく過程で着物も変化していくのです。

留袖の歴史

現在、成人式で振袖を着るという事が多くなっていますが、振袖は昔、結婚されていない女性の象徴でした。
袖をふって愛情表現するという意味があったのです。

昔女性は若くしてお嫁に行っていたので、18歳になった時、また結婚された場合、振袖の袖を落として留袖にするという習慣がありました。
この時代は習慣、風習として留袖にするという事が行われていただけで、留袖という言葉はなかったのです。
19世紀の初めくらいに、黒い染の着物に5つ紋を入れて、裾だけに模様を入れた既婚女性の式服を留袖とする習慣が広まって、それ以降、留袖という着物は普段着ではなく、格の高い場所に着用していく着物として認識されるようになりました。

5つ紋の黒留袖は身内の結婚式、またお宮参りなどに着用する礼服です。
その場面に応じ、紋の数を変える、また下襲(したがさね)の組み合わせを変えることでも格式に違いが出ます。

黒留袖は結婚式において、仲人の奥様、新郎新婦の親、姉妹などの本当の近親者が着る着物です。
5つ紋、衿、裾が2枚に見えるように、比翼仕立てで着用するのが礼装です。
非常に格式の高い着物なので、きちんと恥ずかしくないように着付けする事が必要です。

留袖の留めた袖を産着にするという習慣

今は着物を着る機会が少なくなりましたが、昔は着物で過ごしていました。
女性は結婚する際に、振袖を留袖にします。
留めた袖は保管され、お子さんが生まれた際の産着にするという習慣もあったのです。
自分が娘時代に来ていた着物でお子さんの産着を作るというのも素敵な事です。

着物は時代を選ぶことなく長く着られるものが多いです。
仕立て直したりすることで、お子さんの着物にしたり、別のモノにすることもできるので、着物は長く愛用できる便利な服です。