小紋

小紋ってどんな着物?

着物をきれいに着こなしたい、お呼ばれの時などに着物をすっと着ていける大人になりたい、最近は着物が注目されていて、若い女性も積極的に着物を着たいという気持ちを持っている方が多くなっています。
でもお着物というのは高価なものですし、洋服のように簡単に買う事が出来ないという事、さらに、どのような着物を選べばいいのか、どんなコーディネイトがいいのか?わからないことが多いので躊躇してしまうのです。

着物は規則などがありますが、ある程度の規則を知っておけば恥をかくこともありません。
今回は小紋という着物がどのようなものなのか、みなさんに紹介します。

小紋柄とはどのような柄なのか

よく小紋という言葉を聞くことがあります。
小紋というのは着物の柄の事で、着物の布地全体に同一の模様が繰り返し描かれているものを指します。
一方向に同じ柄が連続しているのが小紋です。

小紋は幅広い活用ができる便利な着物で、柄、また着物の素材などを選ぶことで、カジュアルにもドレスアップスタイルでも楽しむことができます。
小紋は街着、普段着というイメージで、例えばクラス会やパーティにも着ていくことができますし、おけいこ事、初詣などにも利用できます。
柄や質感などを考慮し小紋を選べば色々な場面で利用できる着物となりますし、帯一つ変えるだけで印象が変わるのが着物の魅力でもありますので、帯や小物類などをうまく利用して着こなしていくと素敵です。

小紋に合わせる帯は?

普段着感覚で小紋を着るという場合には、反幅帯、また名古屋帯などをあわせます。
通常、格式が高いという袋帯を小紋柄に合わせるという事はしないのですが、総柄小紋で箔が利用された比較的豪華な小紋、京型友禅などの派手な印象の小紋柄には、格式の高い名古屋帯などをあわせる事もあります。
華々しい小紋柄には、少し大人しめの金地など、おしゃれ感のある帯をあわせると粋に着こなすことができます。

江戸小紋は普段着よりも格が上

江戸小紋は遠目で見ると無地のように見える着物です。
小紋の中でも普段着というよりも格式が高い着物ですが、柄によって普段着できても楽しいものがあります。
江戸小紋は非常に細かい模様が着物全体に入っているのですが、例えばエビの柄などは小紋の中でも飛び柄と同じようにとらえて、普段着に利用されてもいいでしょう。

総柄小紋はお値段も安いものが多く、1万円代で手に入るものもあるので、初めて着物を自分で買ってきてみるという方にお勧めです。
小紋などを着る場合、半襟等に決まりがないので、こうした小物類で遊ぶというのも魅力的です。
色半襟を利用したり刺繍のある衿を利用する事でまた違う印象になるので、こうした小物類で小紋を楽しんで着てみてもいいでしょう。