羽織

羽織は男性のものだった

本来羽織というのは男性のものでした。
裕福な町民が小紋、また縞の模様の羽織を着るようになり、当時、丈が長い羽織をきたおしゃれで活きな男性が非常に多く、それを見ていた女性もこのおしゃれな羽織を着たいと思うようになったのです。

羽織は脱ぎ着が楽で、着物の上に羽織るので温かい防寒具としての役割も果たしていたため、女性も羽織を着たいと思うのは当然です。
女性の中で勇気をもって男性以外着ていなかった羽織を着用したのは深川の芸者さんだったといわれています。

女性が羽織を着るようになったことで呉服店ではこぞって女性用の羽織を販売するようになりましたが、津叔父、羽織は「男性以外着用してはならない」という幕府からの禁令も発せられ、厳しく取り締まりを受けなかなか自由に着ることが出来なかったようです。

やっと女性が羽織を自由に着用できるようになったのはなんと明治に入ってから、四民平等となってからです。
四民平等によって武家、農民、町民、男女の区別なく様々な衣服を着用できるようになったのです。

女性の礼装に羽織は含まれない

女性の礼装は振袖、留袖、訪問着などで、帯付姿と呼ばれ、羽織は礼装に入りません。
紋付羽織を女性が着用する場合、小紋の上着という認識で、準礼装どまりです。
男性の場合、礼装が紋付羽織袴なので女性の礼装とは違いがある事がわかります。

羽織は本羽織、中羽織、茶羽織という種類があり、格を高めるのが本羽織、その他の羽織に関しては、実用性のある羽織という事になります。
丈が膝上、袖の部分にマチがあるのが中羽織で、このマチがないものが茶羽織です。
よく温泉旅館に行くと昔は茶羽織を見かけたものですが、最近は空調設備などがよくなり、館内の気温が一定に保たれているという事で、羽織を置くところが少なくなっています。

本羽織は長羽織ともいわれ、黒一色、色一色で染められたものがあります。
色一色で染められたものは成人式の際、成人される男性が着用している姿を多く見かけます。
最近は仲間同士で同じ色の羽織を選ぶなど男性も成人式で着物を楽しまれています。
また柄を全面に施した絵羽模様などもあります。
本羽織は既婚女性のみ着ることができ、着物の格をあげる働きを持っています。

結婚式などの格式高いところでは黒紋付き、色無地紋付などを着用し、お正月や会食などのお出かけなどの際には、絵羽模様の羽織を着用します。
冬場、寒い時期に外出されるときなど、羽織は非常に重宝します。
1枚持っておくとコートのように利用できますので、寒さ除けとしても利用できます。
冬、パーティや観劇などにお出かけになる際、羽織を持っていれば着物のおしゃれを崩さず、お出かけする事が出来るので、着物を楽しまれる方は1枚持っておく方がいいでしょう。