振袖

振袖は恋愛の象徴?

振袖というのは成人式、結婚式へのお呼ばれなどで着用する事が多い着物です。
袖が長く最も長いものでは3尺、114cmもあります。
袖が長く華やかな振袖は若い女性、未婚女性の象徴ともいえる着物で、華々しいお席によく似あいます。

振袖は手描友禅の技法を用いて、自然の草花や鳥、風景などが美しく描かれており、利用する素材も金箔や華やかな色の刺繍など、非常に美しい着物です。
品格を感じる華美な柄付けです。

振袖が現在のように未婚女性の象徴となったのは江戸初期あたりです。
当時、踊り子さんたちが長い袖の着物を振ることで、男性への愛情を示したり、袖にすがる事で憐れみを表現するなど、こうした表現が若い女性に大人気となって真似をする女性が多くなったのです。

これによって振袖は若い女性が恋心を強調する着物という意味を持つようになり、未婚女性が着用する着物として定着したのです。
また振袖を人生の門出に着ることで、身を清めるという意味を持っていたとされています。

どんな振袖をきればいい?

最近は成人式のために着物をしつらえるという事が少なくなり、呉服店やレンタル専門店で成人式や結婚式のお呼ばれ用にレンタルするという事も多くなっています。
ただ普段着物を着なれていないので、どのような柄にしたらいいのか、どのようなデザインが自分にあっているのかわからないという人も多いです。

確かに身長が高い人が小柄な模様の振袖を着るよりも、身長が高い人にしか着こなせないような大柄な模様がいいのに・・・と思う事もあります。
自分が素敵と感じるものと、人が見て似合うと感じるものは違う時がありますので、振袖に関してはお店の方の意見などもよく聞いて選ぶ方がいいでしょう。

どんな柄がいいのか

まずどのようなイメージにするか、という事を考えてみましょう。
モダンなイメージにしたいという事ならモダン柄の振袖がいいでしょうし、古典的なイメージにしたいという事なら古典柄などを選ぶ方がいいです。

モダン柄にする場合、ヘアスタイルも現代風にアレンジしたアップスタイルが似あいます。
逆に古典柄のお着物を着るようなら、日本古来の結った髪の毛の素敵です。
特に成人式は人生で一回の舞台となりますので、この着物にしてよかったと感じる素敵な着物をヘアスタイルとトータルで考えて美しく着こなしてほしいです。

自分が希望するイメージをしっかり決めておく

自分がこういう雰囲気で・・・というイメージをしっかり決めておくと、呉服店の店員さんにイメージを伝えやすくなります。
例えば清楚なイメージの着物がいいとか、華やか派手なイメージにしたいとか、また舞妓さんみたいなイメージにしたいといったイメージを伝えると、店員さんも着物のチョイスをしやすくなります。

試着は遠慮せず、またお店も複数廻って構いません。
お店によって品ぞろえが違いますので、どんどん積極的に探しましょう。