付け下げ

訪問着のように着用できる付け下げ

付け下げは着ていく場所などについても訪問着同様で、観劇などに着ていくことができる気軽な着物です。
付け下げの場合、訪問着のように全体的につながっている大きな柄、絵羽模様とは違い模様自体が小さくかぶさる事がないように描かれているという特徴があります。
利用が訪問着と同じなので、訪問着の代用品として考えておくといいでしょう。

着物の形に仕上げてから全谷模様を描くのが訪問着です。
付け下げの場合、反物の状態で模様が描かれていて、着物を仕立てると模様が上を向く、という形に造られています。
結婚式でもパーティでも着物の柄によって着ていくことができますし、控えめな模様なので、茶人が着用する着物という事でも利用されることが多いです。

付け下げが出来た時代

付け下げは華やかな着物が御法度だった第二次大戦中に造られた着物です。
戦争中、華美な物は避けるべしとされ、戦争にいっている兵隊さんたちが命を懸けて闘っているさなか、着用するものについても地味な物を・・・という事で、付け下げのような控えめな柄の着物が誕生したのです。

訪問着は華々しいものも多いのですが、付け下げは地味です。
しかし肩や胸、袖などの着物の要所に柄が付けられているので、訪問着として十分で当時、社交の場ではかなり流行しました。

現代は付け下げと訪問着の違いが分からないものも出ています。
用途が同じような物なので、いずれでも構わないのですが、訪問着と付け下げの区別をするとすれば、販売されている状態を見てみるとわかります。

訪問着は仕立ての状態、つまり着物の形になっていますが、付け下げは反物で売られていて、しつらえる着物です。
店頭に着物の形として販売されているようなら訪問着と考えましょう。

着物のおしゃれを楽しめる付け下げ

付け下げはカジュアル感の強い着物なので、紋を付けることは少なく、付けても1つ紋です。
付け下げや訪問着は薄手の肝のようなものを作って、重ね着していました。
しかし今はこうした下着と呼ばれる着物を薄くしたようなものを利用しなくなっているのでさらにカジュアルなイメージでしょう。
用途が広く販売されている付け下げも、パーティなどに利用できるように、箔が入った物や刺繍入りの着物も登場し、様々なシーンで楽しめる着物となっています。

付け下げに合わせる帯

訪問着と同じような立ち位置の着物が付け下げです。
訪問着の場合、袋帯をあわせますが、付け下げは訪問着よりもカジュアルと捉えて、袋帯のほかにも染めの名古屋帯なども利用されることがあります。

但し、袋帯や名古屋帯をあわせる時には、付け下げの格調をよく見てあわせます。
格式が高いと思われる付け下げには袋帯などでもいいのですが、質感や柄行等が合わない事もありますので、帯は慎重に選ぶべきでしょう。
帯びの合わせ方、選び方がわからないという方は、呉服店などのスタッフさんにどのような柄の帯がいいか、確認するといいでしょう。