神社

SHI85_heianjinguusyoumen500-thumb-795x500-3532

神聖な日本の伝統建築

神社というのは日本の伝統建築の一つです。
神社という言葉があるように、ここは神の居場所であり、俗世間とは異なる別世界となっています。
神聖な雰囲気を出すためにさまざまな工夫が施されており、神社の建築にはそれぞれ意味があります。

一般的に神社には本殿や幣殿、拝殿があります。
神社に入ると、本殿の手前に拝殿という礼拝のための建物があり、そこには賽銭箱が置かれています。
また、拝殿が参拝者のための祈祷の場となっていることもありのです。

拝殿の奥にはご神体が収められている本殿があります。
本殿は通常は拝殿から見えにくい場所に置かれているため、参拝者の中には拝殿が神社の中心的な建物であると思いがちです。
しかし、実際には本殿が神社のメインとなるのです。

本殿と拝殿をつないでいる部分に幣殿が造られていることもあります。
本殿には神がいるとされており、神聖な場所であるため外部からは中が見られないようになっていることが多いです。
また、一部の神社に関しては、山や岩を神が宿る場所であるとして崇めているところがあり、そこでは本殿を持たないケースがあります。

本来の神社というのは社殿のないのが普通であったと考えられています。
神社の建築の特徴として、一定の様式を採用しており、固有の伝統が昔から維持されています。
したがって、どのような神社を訪れたとしても、基本的な部分には差がありません。

本殿の特徴としては、屋根に妻があり、床が高く張ってあり、瓦や土壁を用いず、装飾は質素となっています。
瓦を使わないのは仏教建築との差異を図るためだとされています。
土壁についても同様です。

神社にはこのような特徴があるため、訪れる時には意識して注目してみましょう。
こちらのサイトでは神社の建築について解説しているため、ぜひともご覧になってください。
参考はこちら→神社建築

神社の魅力

神社といえばまずは鳥居があります。
鳥居には色々な種類があるため、それぞれの神社の違いに注目してみましょう。
基本的には本殿様式に合わせて鳥居の様式が決められています。

また、狛犬や獅子も神社の特徴の一つでしょう。
それぞれの神社に特徴的なものが置かれていることが多いです。
神社は伝統的な様式にしたがっているのですが、細かい部分については個性が出ています。

最近ではお客さんを増やすために色々な試みをしていることが多いです。
そのため、ぜひとも色々な神社に行ってみて、それぞれ楽しんできましょう。
その際には神社での最低限のマナーをきちんと守りましょう。

また、神社というのは神聖な場所であり、神様が祀られているということを理解しましょう。
神聖な雰囲気を感じて、気持ちを落ち着けることができます。
普段は神仏を信じないような方でも、神社に行けば神様がひょっとしたらいるのではないかという雰囲気に浸ることができるでしょう。