三味線

a0002_000286

洋楽器とは違った魅力の弦楽器

三味線は今から450年ぐらい前に沖縄から三線が伝わり、それを改良して作られたものだとされています。
起源としては、中国にある三絃という楽器であるといわれています。
江戸時代には、音楽に対して厳しい制限があったのですが、その中で三味線は庶民に受け入れられました。

日本を代表する楽器であり、声の高さに応じて調弦を変える点は洋楽器とは異なるものとなっています。
三味線は大きく分けて3つの種類があり、それぞれ細棹と中棹、太棹です。
それぞれ異なる唄に用いられます。

また、三味線の材質にも種類があり、花梨と紫檀、紅木の3つがあります。
それぞれ、音の良さが異なります。
付属品としては、指すりや胴かけ、音緒、調子笛、糸といったものがあります。

三味線は日本の伝統楽器ですが、現代では海外から輸入された材料を用いて作られています。
三味線にも楽譜があるのですが、文化譜と呼ばれるものであり、洋楽の五線譜とは異なっています。

基本的にすべてが手作りであるため、とても高価な楽器となっています。
稽古用のものでも10万円から30万円、舞台用のものは300万円近くします。

三味線が成立したのは15世紀から16世紀とされており、比較的歴史が浅いです。
かつては革として猫の腹が用いられていましたが、現在では犬の革が使われています。
日本では一般民衆が手にすることのできた楽器は限られており、太鼓と神楽の笛、鈴、そして三味線が親しまれていました。

江戸時代に当時の民衆が三味線の研究を積み重ねて、現在のような形となりました。
今でも多くの方が演奏しています。

三味線の魅力とは

音楽というのはどのような国や地域にも存在しています。
人間にとってはなくてはならないものであり、それぞれの文化に合った音楽が発展しています。
日本の場合は多くの庶民に受け入れられたのが三味線であり、その独特の音色に魅力を感じている方が多いです。

ギターと形状は似ていますが、実際に演奏する際には弦を弾くというよりも、弦と太鼓を叩くという感覚に近いです。
そのため、他の楽器とは異なる演奏スタイルであり、その点に魅力を感じている方は多いです。
最近では、ロックやジャズとコラボされることもあり、従来の楽器にはない音色が再び注目されるようになりました。

三味線の音色を聞いていると、日本人であればとても落ち着いた気分になることができて、安心できるでしょう。
日本人が好むような音が出るように作られたのが三味線であり、これからも伝統的な楽器として伝承され続けることでしょう。
喜怒哀楽さまざまな感情を楽器で表現することができて、歌いものと呼ばれる流れと、語りものと呼ばれる流れがあります。

興味のある方は、ぜひとも三味線の音色に注目してみましょう。
これまでに味わったことのない感動を得られます。