日本舞踊

a0777_000003

古典技法を基盤として発展

日本舞踊とは日本で昔から行われている踊りのことです。
踊りといっても民族的なものではなく、舞台の上でお客さんの前で上演されるものを日本舞踊といいます。
つまり、ひとつの舞台芸術として成立しているのです。

どのような国にも踊りの文化は存在しています。
人間は自分の体を使ってさまざまなものを表現する芸術活動が踊りといえるでしょう。
日本舞踊には舞楽や能楽のエッセンスがふんだんに用いられており、色々な民俗芸能の要素も洗練されて含まれているため、古代からの日本の芸能が集まったものです。

400年近い歴史があり、現在では歌舞伎舞踊や京舞、上方舞、創作舞踊といったものがあります。
このようにさまざまな種類に分かれているのが特徴となっています。
日本舞踊の定義としては、古典技法を基盤として、そこから発展してきた舞台で表現される日本独自の舞踊のことです。

日本舞踊にとって重要なのは歌舞伎です。
17世紀、歌舞伎には演劇や舞踊、音楽が未分で存在していたのですが、その中から舞踊のエッセンスのみが抽出されて歌舞伎舞踊が誕生しました。
そのため、日本舞踊は歌舞伎の歴史とともに発展してきたといえるでしょう。

また、能の中でも舞踊としての部分が日本舞踊へと吸収されていきました。
能で使われていた音楽もそのままの形で日本舞踊にも用いられています。
20世紀に入ってからは欧米文化の影響を受けるようになっており、舞踊として新しいものを目指そうという機運が高まっています。

しかし、あくまでも伝統的な日本舞踊の技法を離れることはなく、日本舞踊としてのアイデンティティを失うようなことはありません。
このように日本舞踊というのは現在でも進化を続けているものなのです。

日本舞踊の魅力とは

日本舞踊の特徴といえばまずは着物です。
着物姿で踊りを舞う様子はとても優雅で上品であり、日本人にとってはどこか懐かしい気持ちにさせるものがあるでしょう。
三味線が使われて、それに語りや唄も組み合わされるため、単に踊りを見るだけではなく、ひとつの物語として色々な情景や感情を想像することができます。

また、一方では物語から離れた、音楽によって大勢の踊り手がにぎやかに舞う様子も見られるため、これはとても壮観です。
現在でも新作が作られている点が魅力の一つであり、単に古い伝統ではなく、新しく現代に生きている一つの芸術として成立しています。
かつては神に捧げるための踊りとして舞踊の歴史があったのですが、その流れが今でも残っているため、日本の古い歴史から培ってきた美しい型を楽しめます。

忠臣蔵や勧進帳といった物語性の高いものや、恋愛感情を扱った作品、能の題材を用いた作品など、幅広いです。
日本舞踊に興味のある方はぜひともご覧になってみましょう。