歌舞伎

a0002_002751

総合芸術として400年の歴史を持っている

歌舞伎は日本を代表する伝統芸能の一つです。
能楽や文楽とともに現代まで伝えられている芸能として知られており、世界的にも有名です。
歌舞伎は約400年の歴史があり、現在でも総合芸術として継承されています。

かぶき者というのは、奇抜な髪型や服装をしており、世間の秩序を乱している人々のことでした。
このかぶき者を舞台の上で真似たことが現在の歌舞伎の起源となっています。
このような精神から誕生した芸術のため、それぞれの時代の中で流行やその他の芸能から色々な要素を貪欲に取り入れており、柔軟な発展してきました。

歌舞伎に演劇や舞踊、音楽といったさまざまな要素を兼ね備えており、今の日本にも伝えられています。
一口に歌舞伎といっても、その内容はさまざまなのです。
上演される作品は400本とされており、最も数が多いものとして義太夫狂言があります。

義太夫狂言とは人形浄瑠璃を歌舞伎化したものです。
他にも、落語や講談、さらには小説などを取り入れた作品も存在しています。
歌舞伎の作品を大きく分けると時代物と世話物に分けることができます。

時代物とは、合戦を描いた軍記物や各地の色々な伝説から取られたストーリーが特徴です。
一方、世話物というのは当時の町人の世界をストーリーとしたものであり、心中事件や強盗事件、殺人事件をテーマとして扱っています。
歌舞伎の多様性の一つとして、入り口がとても広いです。

一般的にはとっつきにくいと思われていますが、実際には多様なジャンルの作品が用意されているため、自分が楽しめそうなものをきっと見つけられるでしょう。
歌舞伎で有名な作者としては、近松門左衛門や河竹黙阿弥、鶴屋南北といった人達がいます。
歌舞伎役者としては市川海老蔵さんが有名です。

歌舞伎の面白さとは

歌舞伎の魅力は色々とあるため一言で説明することは難しいです。
まず、歌舞伎の特徴として、女性を男性が演じます。
女方がいるのは特徴的な点となっており、本物の女性よりも女性らしく見えるため、とても魅力的です。

また、歌舞伎というのは日本のあらゆる伝統が集まっています。
一流の役者と演奏家が集まり、さらに使われる衣装や大道具などはすべて伝統工芸の専門家が集まってきちんと作っています。
歌舞伎という一つの舞台を作り上げるためには、日本のさまざまな伝統の技が使われているのです。

歌舞伎には動的な美しさと静的な美しさの二つがあります。
時にはバク転をしたり、早替りをするようなアクロバティックなシーンがあります。
その一方で、つい固唾を呑んで見守ってしまうような静かな動きを見せることも特徴です。

このように色々な魅力が備わっており、しかもそのストーリーは多くの方にとって分かりやすいものとなっています。
堅苦しかったり、道徳臭いようなものではないため、歌舞伎に対する偏見を払拭してもらえるとありがたいです。