生花

a1020_000227

花や植物を組み合わせた伝統芸術

生花というのは日本の伝統美術の一つであり、花をはじめとした植物や色々な素材を組み合わせることによって、一つの作品を仕上げます。
植物を用いて作られた一種の芸術作品と考えればいいでしょう。
草木を用いて、何らかの美しさを表現することができているのであれば、それは生花であるといえます。

したがって、草木がメインとなっていないものや、一部にしか花や葉が用いられていないならば、それは生花とは呼びません。
ただし、多種多様な表現方法が登場しており、色々な流派も存在しているため、どれが生花であり、どれが生花ではないのかの区別は難しくなっています。
伝統的な文化とされていますが、生花とは時代の変遷にしたがって変化し、進化しているものです。

かつては仏教の文化として死者に対して花が供えられました。
しかし、この段階ではただ花を挿すだけであり、何らの形も備わってはいませんでした。
その後、たて花という元木と下草によって構成されて、座敷の装飾に用いられるものが登場しました。

けれども、たて花の段階でも、まだ芸術作品といえるような代物ではありませんでした。
その後、池坊專好という方が立花という芸の道にまで高めました。
天皇がこの立花を気に入り、やがては公家や武家、町人にまで広がりました。

その後、江戸時代になってから生花としての様式が整えられました。
この頃には現在にまで続く代表的な流派が誕生しました。
明治になると、西洋文化を取り入れた投げ入れや盛花というものが生まれました。

昭和になると自由花という形態も生まれて、その自由な発想によるいけばなの表現力は、世界中の人に愛されるようになりました。

生花をやるためには

生花をやるためには教室に通わなければいけないということはありません。
自分で本を読んで勉強して、実際に作品を作ってみることもできます。
自己流では満足できなくなってきたら、そこで初めて教室に通ってみると良いでしょう。

元々、生花というのは来客を歓迎するためのものです。
いつどのようなお客様が来てくれても対応できるように、生花の稽古をするのです。
したがって、それを見てくれる人のことを考えて、やらなければいけません。

生花というのは華道とも呼ばれることがあります。
色々な流派があり、それぞれ様式や技法箱となっています。
流派によっては、花材の取り合わせに関して細かく規定されていることがあります。

季節感が重要であり、いつの季節を表現したものかがすぐに分からなければいけません。
どのような花や木を取り合わせるのかを考えるだけでもかなり奥の深い世界なのです。
生花には花器や剣山、花鋏、花台といった道具があります。

大掛かりな作品ではチェンソーや電動ドリルなどが使われることもあります。
現在の住環境の変化に合わせて、新しいスタイルも登場しています。
生花を単に伝統的な文化として捉えるのではなくて、今でも進化している新しい芸術として理解しましょう。