芸能

昔からのもの、影響を受けているもの

日本には昔から伝えられている伝統芸能がたくさん存在しています。
元々、特権階級のみが行っていたものから、大衆にまで広く浸透していたものまでさまざまです。
あるいは行事化されていたものがより大衆的になったというケースもあります。

伝統芸能としては有形無形のさまざまなものが含まれています。
詩歌や音楽、絵画、舞踊、工芸、芸道など色々なものが存在しており、今でも活発に行われているものが多数存在しています。
それら伝統芸能の中には日本人の古くからの考え方や発想が含まれており、日本のことをより深く理解するための助けとなるでしょう。

基本的に伝統芸能と称される場合、日本に西洋文化が流入してくる以前に形成されていたものを指します。
しかし、伝統芸能というのはまったく日本のオリジナルであることは少なく、その多くは中国から流入してきたものを日本風にアレンジしたというパターンが多いです。
したがって、現代芸能と伝統芸能をまったく別のものであるとする考え方は誤りでしょう。

ただし、明治以降に成立した芸能というのは多分に西洋の影響を受けており、日本や中国に昔から存在していた文化とは異なる部分が多いのは事実です。
そのため、西洋からの影響を受けた芸能と、そうでないものを比較してみると、日本だけではなくアジアの文化の特徴を理解する手がかりとなるでしょう。

実際に日本古来の芸能に参加してみないと分からないことは少なくありません。
しかし、知識としてだけ理解することでも、意味はあります。
日本の芸能に関してまったく何の知識も持っていないのは、日本人として問題があるといえるでしょう。

外国の方に何も見ないでも説明できるぐらいの知識は身につけましょう。
そのためにも、当サイトの情報が役に立てば幸いです。

日本の伝統的な芸能について

日本にはどのような芸能が存在しているでしょうか。
当サイトでは茶道や生花、歌舞伎、三味線、日本舞踊にスポットを当てています。
これらは日本を代表する芸能といえるものであり、現代日本でも活発に行われているものです。

それぞれの芸能に関しては何となく頭の中にイメージのある方が多いでしょうが、実際に詳細を説明しろといわれると困ってしまう方が多いでしょう。
それぞれの芸能についてのイメージをふくらませるための情報を提供します。
そして、もしどれかに興味を持つようになったならば、実際に始めてみることをおすすめします。

伝統芸能というのは選ばれた人のみが行うのではなく、もっと大衆が自由に参加できるものです。
そうすることによって、いつまでも伝統芸能を継承することができるでしょう。
それが日本の伝統や文化を守ることにもつながるのです。

実際にチャレンジしてみると、色々な発見があり、のめり込む方は多いです。
人生にとって大きな意味のあることとなるでしょう。