水墨画

IMG_9570-540x360

奥深い美しさを持つ白と黒の世界

水墨画とは墨のみで表現される絵画のことであり、墨絵とも呼ばれます。
元々、中国で成立したものであり、それが日本に伝えられました。
鎌倉時代に禅宗とともに水墨画が伝来してきたため、日本に伝わったものは禅の思想に関するものが多かったです。

日本では徐々に水墨画が変化していき、山水画が書かれるようになりました。
日本では初めの頃は禅僧や絵仏師が中心となって水墨画を制作していました。
そして、室町時代には全盛期を迎えることになります。

足利家が禅を庇護したことにより、禅の文化の代表格としての水墨画が活発となったのです。
14世紀頃までは人物や花鳥を描いたものが主流だったのですが、15世紀頃から山水画が描かれるようになりました。
15世紀の後半になると雪舟が登場します。

室町時代になると地方にも水墨画を描く画人が現れるようになり、その中でも雪村が有名です。
また、能阿弥や芸阿弥、相阿弥といった阿弥派一族も水墨画を残しています。

水墨画の大きな特徴は紙と墨、水のみを使う点にあります。
筆に墨を含ませて、和紙にそれを吸収させることにより描きます。
基本的にはバックには何も描きません。

余白の部分が多く、それによって美しさを表現しています。
準備しなければいけないものは非常に少ないため、誰でも描くことができます。
それでいて、とても奥が深く、人生を通してのめり込む方も少なくありません。

水墨画の魅力

水墨画の魅力の一つとして、基本的に色は白と黒のみとなっています。
この白と黒のバランスをどのように保つのかによって、水墨画の美しさが決まるのです。
そのため、とても絵に緊張感があり、それが見るものに美しさを与える原因となっています。

一つの線の中にも墨の濃淡が含まれており、線を描く際にはそれを意識しなければいけません。
一本の線にも美しさがあることを体現しているのが水墨画であるといえるでしょう。
油絵のように何度も塗り重ねるような描き方ではなく、習字に近い部分があります。

現代でも水墨画を描いている画家はたくさんいます。
また、素人の方でも趣味としてのめり込んでいる人は大勢います。
良い水墨画を描くためには、道具にこだわることも大切です。

たとえば、どのような水を使うかについて色々と研究をしている人は多いです。
筆や墨が重要なのはもちろんなのですが、水にまでこだわりを見せるのが水墨画なのです。

日本における芸術を代表するものが水墨画であり、これを鑑賞することはそのまま日本文化を理解することにもつながるでしょう。
中国の水墨画から進化した日本オリジナルのものといえる発展した水墨画を楽しみましょう。
色々なテーマで作品が描かれているため、とても興味深い作品ばかりです。