結婚式

a0024_000430

結婚式を日本の伝統的なスタイルで

結婚をするならば、これからどのような結婚式をしようか考えなければいけません。
今、一番メジャーとなっているのはキリスト教式なのですが、他にも人前式や神前式といったものがあります。
また、最近では、堅苦しい式をするのをやめて、もっと気軽に参加してみんなで新郎新婦を祝ってあげられるようなものも登場しています。

このような時代の中で、神前式を行うカップルは一定数存在し続けています。
その理由として、日本で伝統的に行われているスタイルであり、それを自分でもやってみようと考えている方が少なからずいるのです。
また、祖父や祖母の世代の方々にとっては、神前式が普通のこととなっているため、喜ばれるでしょう。

神前式では、普段は絶対に着ないような衣装を使うことになります。
花嫁衣装として定番となっているのは白無垢姿であり、これに憧れを持っている方もいる方も多いかもしれません。
純白の着物によって、神聖さを引き立てることができて、ウェディングドレスとはまた違った良さがあるでしょう。

厳かな雰囲気を演出することができて、とても気分が出ます。
また、白無垢といっても、それぞれに素材や柄、裏地の色などは異なっているため、色々と選べます。
白無垢は結婚式でしか着ることがないため、せっかくの機会をぜひとも利用してみましょう。

また、じつは神前式でも場合によってはウェディングドレスを着用することは可能です。
もちろん、その式場にきちんと許可を受ける必要がありますが、最近では神前式といっても、色々なバリエーションが存在しているのです。

神社で挙式をする

神前式の特徴は白無垢の衣装ですが、それだけではなく神社で挙式するという点にも特徴があるでしょう。
普段は初詣の時ぐらいにしか神社には行かないでしょうが、その厳かで神秘的な空間の中での結婚式というのはとてもよい雰囲気であり、自分が結婚をするということを自覚できるでしょう。

神社での伝統的な挙式をしたいならば、こちらのサイトを利用しましょう。
さまざまな神社に対応しているため、自分たちの希望を満たした条件で神前式を実施できます。
憧れの神社での結婚式を簡単に実現できるでしょう。
参考はこちら→和婚スタイル

ただし、注意点としては神前式の場合は参加者たちにも特別なマナーを要求することになります。
色々な制限があり、守るべきルールは多いです。
どうしても堅苦しい雰囲気にはなりますが、それは事前に了解してもらいましょう。

神前式というのは私語は禁止であり、静寂な雰囲気の中で式は進行していきます。
神聖な雰囲気を感じ取ることができて、本当に神様の前で結婚式をあげている気分にひたれるでしょう。
実際に神前式をする場合には知っておくべきことがたくさんあるため、色々と調べてみてください。

業者を利用するのであれば、わからないことは担当者に気軽に質問しましょう。
普段はあまり馴染みのない神社の中での挙式は特別なものとなります。