日本の伝統を守ろう

IMG_8821-540x360

日本文化は素晴らしい

日本は世界の中でも特異な文化を有していることで知られています。
その文化が形成されてきた理由として地理的な要因は大きいです。
四方を海に囲まれており、これまでに他国に占領されたという歴史はほぼありません。

第二次世界大戦で敗戦国になったことで一時的にアメリカの管理下にありましたが、それでも日本文化がなくなることはありませんでした。
このように、日本では2000年近くずっと文化を蓄積してきた歴史があります。
その文化は、外国から流入してきたものを日本風にアレンジしているものが多いです。

たとえば、仏教はインドから中国や朝鮮半島に渡り、そこから日本に伝わりました。
そして、日本国内で独自に発展しており、仏教文化も発展しています。
芸術に関しては、最初は大陸からの作品を真似ていたでしょうが、それがしだいに日本独自のものへと変化していきました。

芸能に関しても、茶道や生花、三味線や歌舞伎、日本舞踊といったものは、中国にも朝鮮半島にもない日本オリジナルの要素を多く含んでいます。
日本が文化や伝統を守ってこられた一つの要因として天皇家の存在もあります。
1000年以上もずっと天皇家は続いており、そこでは日本の文化や伝統が受け継がれており、それが規範となって日本文化は発展しています。

建築物に関しても、神社や寺、城などの中には現在まで残されているものは多いです。
もちろん、中には地震や台風、戦争、戦などで失われたものも数多くありますが、現代にまでずっと存在しているものもあり、その歴史的な価値のある建築物は国や地方が中心となって保存しようとしています。

日本の伝統を守ろう

他にも日本を象徴する伝統的なものはたくさんあります。
たとえば、食です。
寿司やおにぎりといったお米に関する料理は非常に豊富に存在しています。

全国的に存在しているものだけではなく、それぞれの地方に独自の食文化が根付いています。
自然環境が豊富に残されているのも日本の特徴です。
戦後の開発により、一時的に多くの自然が失われてしまったことがありますが、自然の大切さが叫ばれるようになったため、現在では自然保護活動が定着しています。

富士山をはじめとして、日本の自然の中には世界的に貴重なものや有名なものがたくさんあります。
1000年や2000年前に存在していたのとほぼ同じ風景が残されているエリアもあります。
そのような自然環境を大切にすることは日本人の義務といえるでしょう。

このように日本には世界に誇るべき文化や伝統がたくさんあります。
それらは何もしなくても将来に受け継がれていくものではありません。
そこに貴重な文化や伝統があることを認識して、それを守っていこうとする意思がなければいけません。

したがって、日本人は自分たちの大切な歴史や文化、伝統をきちんと理解しておくべきです。
当サイトでは、日本文化を多くの方に理解してもらうために、さまざまな文化や伝統を紹介しています。
日本古来の良さをたくさん解説しているため、ぜひとも読んでみてください。